鈴木京香ラブシーンが過激すぎて映像流せず音声だけ

鈴木京香主演の映画「セカンドバージン」が、マレーシア日本映画祭でオープニング上映されました。
イスラム教徒が多いマレーシアでは、
ラブシーンでスクリーンが真っ黒になり、音声だけが流れたという事です。

この映画は9月23日に公開予定だが、マレーシア内務省の検閲で、鈴木と長谷川が車中で激しいキスを繰り広げるシーンと、2カ所のベッドシーンの合計4分が上映禁止になったそうです。

 マレーシアでは以上の理由から残念ながらラブシーンは音声だけだったそうだが映画は好評を博したそうです。

逆に音声だけで画面を隠された方が、妄想が膨らんでエロいかもしれませんね、、、(笑)


話題の映画「セカンドバージン」はこちら
 この商品は送料無料です。 鈴木京...

 この商品は送料無料です。 鈴木京...
価格:19,950円(税込、送料別)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック